ニキビ

大人ニキビの直し方やニキビ跡のケアについて

大人ニキビ

2016/08/14

思春期のニキビと大人ニキビでは、基本的な原因に違いがあります。

 

思春期は成長期特有のホルモンバランスの乱れによる内部的要因でニキビが出来ているのに対して、大人ニキビは、睡眠やストレスなどによるターンオーバーの乱れによる外部的要因でニキビが出来ています。

 

ですので、思春期のニキビの場合は、丁寧な洗顔をして、無駄に顔を触らないなどの対策だけでも、ある程度ニキビを抑える事は出来るのですが、大人ニキビの場合はそれだけではニキビから肌を守る事は出来ないのです。

 

ターンオーバーの乱れといっても、周期がおそくなるケースと早くなるケースがあり、それによって対応方法も変わってきます。周期がはやくなれば、未発達の肌が次々と生産されることになるので、保湿力のない弱い肌が出来上がりますし、周期が遅い場合は、硬くなった古い角質が肌の表面に残り、上手く代謝が出来なくなってしまいます。

 

それを改善する為には、しっかりと睡眠をとったり、食生活の乱れを無くすなどの基本的な生活リズムの改善と共に、毛穴の奥に詰まった汚れや皮脂を取り除き、肌に栄養分を与える事で、ターンオーバーの乱れを無くす事から始めないといけません。

 

頻繁にニキビが出来ているのなら、毛穴の奥が汚れているという身体からのサインになります、まずはそれをみのがさず、きちんと肌のお手入れをするようにしましょう。

-大人ニキビ
-, ,